Japanese

ニューシャンバラデイ∞プリミ恥部な世界

会場:六本木Super Delxue

 

開場 19:30 / 開演 20:00

料金 予約1800円 / 当日2000円

出演:
プリミ恥部、平岡香純、白井多有、タバタミツル、千住宗臣、トンチ、YAMAT、ポスポス大谷、MEGTAN、長谷川真子 (マヘルシャラルハシュバズ)、maruosa、らるふ、G10Z、COLOR GUNG、お米、K.E.I.、朝日太一、Mingo、大谷直樹 (マヘルシャラルハシュバズ)、Sammy、宮下広輔(スティールギター)、ケンジルビエン、雪月華、鈴木慎一 (アカリセンター)、河村康輔、Ken Okami
VJ:rokapenis
DJ:成浩一
and more…

出演:

プリミ恥部

/sdlx/120221-purimichibu.jpg
Homepage / myspace

平岡香純

/sdlx/120221-kasumii-hiraoka.jpg
myspace

白井多有

/sdlx/120221-tari-shirai.jpg

タバタミツル

/sdlx/120221-tabata.jpg
Homepage

千住宗臣

/sdlx/120221-senjyu.jpg
muneomisenju.com

トンチ

/sdlx/120221-tonchi.jpg
info  

YAMAT

Homepage

ポスポス大谷

myspace

MEGTAN

長谷川真子 (マヘルシャラルハシュバズ)

あたたかいノイズ

maruosa

/sdlx/120221-maruosa1.jpg
rendarec.com

らるふ

G10Z

COLOR GUNG

blog

お米

K.E.I.

myspace

朝日太一

/sdlx/120221-asahi.jpg
genius.main.jp

Mingo

大谷直樹 (マヘルシャラルハシュバズ)

Sammy

宮下広輔 (スティールギター)

ケンジルビエン

雪月華

鈴木慎一 (アカリセンター)

河村康輔

blog
erect-magazine.com

Ken Okami

rokapenis

/sdlx/120221-rokapenis.jpg
Homepage

成浩一

| Category : INFORMATION,Japanese | Date : 10. February 2012 | Time : 08:52 | ko_adimn |
Solo @ 西麻布 BULLET’S

3/19(Sat)_1

野良音子

 

NOISE,音響,パフォーマンス
17:00~23:00
¥2000(1D)

★GUEST LIVE>Ken Okami,and more…

LIVE>
IRIMAA
デジタルアンドシャウト
中村プロセス
KooK
Yukiko Shimizu
23N!
Yousuke Fuyama
TAJIMAA
and more…

飼い主に噛み付き、首輪を捨て、ついに野生化した現代の表現者達の音響生態系!
厳しくも甘ったれた生存競争の果てに描き出す感動のサウンド・ポートレート。

■Ken Okami
1985年 京都生まれ
2004年より蛍光灯を楽器として使用を始める。次第に照明装置、インスタレーションとして使用し、パフォーマンスの幅を広める。空間的特長を生かしたパフォーマンスにより、ダンサー、ライブペイント、演劇、インスタレーションとの共作も多数行っている。ヨーロッパでの評価は高く、2009年にはオーストリアのロックフェスティバル”Donau Festival”に出演も果たす。
Collaborations(With Musicians)
Jean francois pauvros、Optron、Michael Fischer、Manuel Knapp、三宅玉穂、寺内大輔、進揚一郎etc…(Dancers)Baby-Q、黒子沙菜恵、木村英一、Matthieu Doze、伊藤真喜子、楠田建造、Sylvain Meret、YUM etc…(Artists)谷内一光(絵具舞踏)、はしのちなつ(インスタレーション)、Manuel Knapp(映像)etc…

■KooK
何時か此処でハジケタラなぁ

ちゅきちゅきちゅき機器機器。

キッチュキッチュキッチュKitsch!

ニッチニッチニッチモサッチモ桃。

コレイン、トレインとレイントレイン?

■Yukiko Shimizu
東京生まれ。幼少期をボストン•ニューヨークにて過ごす。1996年よりNYへ渡り、Parsons School for Designにて写真を学ぶ。コンピューターミュージック及び音楽理学びにUCLA(カリフォルニア大学ロサンゼルス校)付属等へ行き、後に Berklee college of music Professional certificate programを終了。New York University Tisch school of artsのInteractive telecommunication design にてlive performanceとinteractive artによる映像と音楽の新たな表現方法を試みる。2009年 School of Visual Arts Photography Residency Programに参加。International Center Of Photographyにて写真の古典技法を学ぶ。

■23N!
23N! is a member of No Fork Droise,The Ningen Dogs Orchestra and is the infamous guy behind Nunk on Droise ! Bodily harsh noise mayhem to be expected !

■IRIMAA
タブラ&ノイズミュージシャン。
タブラを森山繁氏に師事。
作曲を柴山拓郎氏に師事。

■Yousuke Fuyama
サウンドアートやプログラミングによる作品創作と即興演奏を学び、音楽、映像、グラフィックなど多岐に渡る活動を行う。 2007年フランスFUTURA07Stageにて電子音響音楽を学ぶ。 LAPTOPBATTLE TOKYO Vol.4 にて優勝。CCMC、AAC、Sonic Art Project、CREAMなど国内電子音響音楽コンクール、コンサート、イベントでの作品発表や演奏を行う。ノイズ・音響イベント”野良音子”を Bullet’sにて主催ほか、都内を中心にライブに出演。またHITUSJI@asia、so very show! @wombなど都内クラブイベントにてVJを行う。 WL WORKSHOP for CREATORにてMax/MSP,Jitter講師、AUG5 Inc.にてサウンドデザイナーを務めるほか、インタラクティヴシステムのデザイン・開発やデバイス制作、映像演出などを行う。現在は主にインターフェー スとプログラ ムを用いたデータの相互変換による表現を追求している。
http://www.mynameise.com/YousukeFuyama

■デジタルアンドシャウト
数々の伝説的パフォーマンスを繰り広げたplustic-bugが急遽「デジタルアンドシャウト」に改名の奇行!

数々の激務を乗り越えたYuta Yamadaと神奈川県相模原市津久井町根小屋1924-1在住Motoki Komuroから一言→「デジタルアンドシャウトですね。」

■TAJIMA
世界のタージ from群馬IT収容所!前回は元自衛官を伴っての緊急国防ライヴを披露。群馬ノイズ四天王の一人と目される。

■Yuta Yamada
1984年生まれ、山口県出身。
東京工科大学メディア学部メディア学科専攻メディアサイエンス修了。
ノイズ・音響イベント「野良音子」主催ほか、都内クラブにてVJ活動を行う。
アルゴリズムを映像パターンに変換する表現を追求している。

■中村プロセス
ソフトウェア開発企業に務める(バイト)傍ら、システム論、認知科学、情報社会論などの学術的な分野などを研究し、近年はコンピューターを用いてフィードバックや自己言及的な音響生成システムの設計を行っている

| Category : INFORMATION,Japanese | Date : 4. March 2011 | Time : 22:45 | kenokami |
谷内一光氏の絵の具舞踏の2週連続のパフォーマンス

【谷内一光 絵の具舞踏展 よっつのよる】
アトリエ2001では、日本、ウィーン、オーストラリアなどで舞踏や演劇の概念を超え、唯一無二のパフォーマンスで描き続けている美術家・谷内一光の「絵の具舞踏展」を開催します。人間と極彩色の絵の具が共にうめき声をあげながらキャンバスの上で一体となった、想像を超える可笑しくも感動的な谷内一光オリジナルの手法による絵の具舞踏。その圧巻のステージにゲストミュージシャンを加えた「よっつのよる」を上演します。お楽しみに。

■日程:2011年2月12日(土)/13日(日)/19日(土)/20日(日)
■時間:土=20時00分 開演/日=17時00分 開演
*開場は開演の60分前からとなります。/各回約50分
*使用する絵の具が飛散する事がありますので、汚れても良い服装でお越しいただくか、またはタオルを持参の上お楽しみください。
■料金:入場無料(投げ銭歓迎)

■ゲストミュージシャン:
○12日(土)= ▼2T2▼
○13日(日)= ryotaro
○19日(土)= Ken Okami
○20日(日)= もぐらが一周するまで

■問い合わせ:ikkotaniuchi@gmail.com
■詳細:http://taniuchiikko.jugem.jp
■協賛:ターナー色彩株式会社/協力:アトリエ2001, 地下一階/写真:山羽宏樹

■会場:兵庫・アトリエ2001
〒657-0836 神戸市灘区城之内通5-3-8
・阪急電鉄「王子公園」駅西改札口より徒歩5分。高架下山側53番。
・JR「灘」駅北口を出て阪急電鉄高架をくぐってすぐ。
tel:090-6666-4322(シミズ)

《谷内一光 IKKO TANIUCHI》
1984年京都生まれ大阪在住の美術家。2005年より展覧会『谷内一光時代』を軸に、国内外で多くの作品を発表。パフォーマンス活動では、キャンバスを床面に置き、その上で色を浴びるように全身で描き、絵画を体現する「絵の具舞踏」と呼ばれる独自の表現手段をクラブ・ギャラリー・劇場・野外・海外フェスティバルなどで展開。作品は力強く、愛に溢れた作風が特徴で、コレクターがいるなど海外での評価も高い。
http://www.digital-out-put.com/ikko_jidai.html

| Category : INFORMATION,Japanese | Date : 7. February 2011 | Time : 22:16 | kenokami |
IKKO TANIUCHI PAINT EXHIBITION OPENING PARTY Vol.3 @Urbanguild 2010/12/17

IKKO TANIUCHI PAINT EXHIBITION OPENING PARTY Vol.2 @Urbanguild 2010/12/17